JOURNAL

「本気で語り合うきっかけをつくる」をコンセプトに、Makuake限定ローズエールを8月12日(木)より発売開始。アンバサダーには元[Alexandros]ドラマー庄村聡泰氏が就任。

ひとりひとりがバラ色の人生を歩める社会をつくる事をミッションとする一般社団法人LIFE IS ROSEとコラボレーションし、埼玉県深谷市に農園を持つROSE LABOが生産する無農薬食用バラ(エディブルフラワー)を使用した「LIFE IS ROSE ALE」を醸造しました。 (応援購入サービスMakuakeにて限定販売) http://www.makuake.com/project/lir-ale ▼開発経緯“―人生を本気で語り合う” バラに多様な美しさがあるように、ひとりひとりがバラ色の人生を歩める社会をつくるというLIFE IS ROSEの想い。 私たちの暮らしや文化とアルコールとの縁は古く、歴史をさかのぼると先史時代からといわれています。めまぐるしく流れる日常の中で、自分の人生に深く向き合う機会は案外少ないものです。それでもたまには立ち止まり自分の心の声を聴いてみる。夢や、時には苦い思い出も、ビールを片手に気の合う仲間や家族と語り合ってみる。この時間を通じて、自分自身のバラ色を見つける最初の一歩になればという想いから「LIFE IS ROSE ALE」は生まれました。 ▼LIFE IS ROSE ALEについて 埼玉県深谷市に農園を構えるROSE LABO株式会社が水耕栽培無農薬で生産する、香り高い「ルージュロワイヤル」を使用し、バラの華やかな香りが感じられる仕上がりを目指します。レシピは、LIFE IS ROSEのメンバー、COEDO醸造担当 目黒 匠氏・塩野 智隆氏、アンバサダーの庄村聡泰氏と共に考案しました。ベーススタイルは、明るい黄金色のゴールデンエール。クラシカルなスタイルをベースにバラが華やかに香るエールビールです。華やかなローズのアロマが広がりながらもビールらしい苦味も表現した、フラワリーでドライなフィニッシュに仕上げます。 ▼プロジェクト・アンバサダー・庄村聡泰 氏(SNACK NGL) ロックバンド[Alexandros]のドラマーとして2010年より活動するも、局所性ジストニア罹患を理由として2021年3月に勇退。 バンド時代の収入をほぼ全てを注ぎ込む程傾倒した音楽や洋服を中心として、それ以外にも映画や漫画、アニメやグルメ、世界各地の珍スポット等枚挙に暇がないほどのカルチャーに精通。バント勇退の翌日より歌劇な過激団“不落、足る。”(読み:フラクタル)の始動並びにライフスタイル提案型ファッションブランド“SNACK...

さらに読み込む

【UKIYO-E PROJECT×COEDO】浮世絵職人とビール職人が作る、オリジナリティあふれるビール。

浮世絵職人の文化的で高度な技術を後世に伝承すべく、創造性豊かな、その生きた表現技法を現代に伝える「UKIYO-E PROJECT」とのコラボレーション。浮世絵職人と、ビール職人が作るオリジナリティあふれるビールの誕生です。 浮世絵「時鐘江戸俤」(左:「快晴」右:「夕暮」) 私たちのはじまりの地、川越のシンボルである「時の鐘」をモチーフに、2つの時間「快晴」と「夕暮」を切り取った浮世絵を、絵師:マテウシュ・ウルバノヴィチ氏、彫師:三代目関岡扇令氏、摺師:伊藤達也氏が制作し、完成した浮世絵と、UKIYO-E PROJECTの取り組みやコンセプトからインスピレーションを得て、COEDOブルワーの似内彬人氏がレシピを書き下ろし、4人の職人によるオリジナリティあふれる”Japanese Style Brut IPA”が完成しました。 ラベルデザインには今回制作された2つの時間の浮世絵「快晴」「夕暮」を一枚に落とし込みました。時間帯問わず、キレとホップアロマが香るビールをゆっくりと味わいながら、川越のひと時の夏に思いを馳せる時間をお楽しみいただけます。 ▼UKIYO-E PROJECTについて 「UKIYO-E PROJECT」とは、浮世絵職人の失われそうな技術の新たな需要を創出し、後世に伝承していくため、2014年秋に立ち上げられたプロジェクト。浮世絵の「浮世」には「今」、「現代」という意味があり、江戸時代当時にスターだった歌舞伎役者などが描かれたように、世界の「今」スターであるKISS、アイアン・メイデン、デヴィッド・ボウイなどといったアーティストとコラボレーションし、浮世絵を世界に発信していく取り組みを行っている。2020年には人気アーティスト、マテウシュ・ウルバノヴィチを絵師として迎え、UKIYO-E PROJECT初の風景画を発表。浮世絵の新たな展開は世界中で話題になり高く評価され、UKIYO-E PROJECTの作品は大英博物館(ロンドン)や、オーストリア応用美術博物館(ウィーン)、マイアミ大学図書館などに所蔵される。また2021年4月から、日本全国の中学校の美術科で読まれる資料集『表現と鑑賞』(開隆堂出版株式会社)に、UKIYO-E PROJECTのKISS浮世絵「接吻四人衆大首揃」が掲載される。浮世絵の研究家・鑑定家・蒐集家として世界で活動する新藤茂氏が、アドバイザーとして参画。これまでの制作に携わってきた職人は、絵師に石川真澄、マテウシュ・ウルバノヴィチ、彫師に渡辺和夫、三代目関岡扇令(本名:関岡裕介)、佐藤奈実、摺師に吉田秀男、伊藤達也、岡田拓也、中山誠人など。 〇 UKIYO-E PROJECT URL 〇公式HP: https://ukiyoe.today/jpInstagram: https://www.instagram.com/ukiyoeproject ********************* 「時鐘江戸俤(ときのかね えどのおもかげ)」 原材料名 :麦芽、ホップ、麹、柚子皮アルコール度数:5.0%ビアスタイル:Japanese style Brut IPAIBU:14.5(IBUとはビールの苦味を表す国際単位) "透き通った黄金色に5種類のホップと柚子からなる重層的な香りと味わいが口の中で弾け、米麹を使用することによってドライで軽やかな飲み口に仕上げたJapanese...

さらに読み込む

蒸し暑い夏にぴったりな、爽やかなフルーツエール『夏燦々-Natsusansan-』

―――夏燦々(なつさんさん)気温も上がり、青々とした空に漂うモクモクとした雲のコントラスト、燦々と輝く太陽の下、爽やかなフルーティな酸味、モルトのコク、喉越しにおもわず舌鼓を打つ――。 長野県佐久市産の「サンプルーン」を贅沢に使用し、フルーティで爽やかな酸味と低アルコールによる軽い飲み口が初夏にぴったりな仕上がりです。 ▼長野県佐久市の「サンプルーン」 「サンプルーン」は、長野県佐久地方が発祥の地と言われており、昭和40年以来栽培されています。プルーンのなかでも生産量を占めるのがこの「サンプルーン」という品種です。この地域は年間の降雨量が少なく、冷涼な気候により病害虫もつきにくく、また昼夜の温度差が大きく、食感や食味、糖度を保った果実を栽培する環境に適しています。 今回は、リンゴ農家としてスタートし、代々引き継いで営まれている佐久市の桜井果樹園さんが生産する「サンプルーン」を使用させていただきました。 ▼COEDOと規格外品農作物との関係 COEDOは、埼玉県川越地方の名産品で「落ち葉堆肥農法」という循環式農業で栽培されるさつまいも「紅赤」の規格外品と、連作障害対策としての緑肥である大麦の有効活用を着想の原点に、ビール醸造を1996年に開始したブルワリーです。 今回醸造した「夏燦々」にて使用した「サンプルーン」は、完熟が過ぎたり形や傷などの理由によって規格外品となっていたものです。農産物の産直商社である㈱協同商事の青果花き事業部で買い取り、同社ビール事業部であるCOEDOがビールの原材料として活用し、爽やかなフルーツエールへと生まれ変わらせました。 農産物の規格外品を有効活用することにより、私たちの原点である農業への支援と、持続可能な生産消費形態の確立に向けたアクションを、今後も取り組んでいきます。 ********************* 『夏燦々-Natsusansan-』 原材料:麦芽、プルーン(長野県佐久市産「桜井果樹園」)、ホップビアスタイル:Fruit Aleアルコール度数:3.5% *********************

さらに読み込む

春が待ち遠しいこの季節。『ストロベリーウィートエール』ができました。

ブルワリーの近くにある農園では、例年この時期は苺摘み取り体験で家族連れなどで大変賑わいます。しかし今年は、昨今のコロナウイルスの影響により、美味しく実ったたくさんの苺が行き場を探しているところでした。 そこでコエドは、その瑞々しい苺を使用したビール醸造を行うことに決めました。農園では様々な品種が栽培されていますが、その中でも「よつぼし」という品種の苺を選んでいます。「よつぼし」という名前の由来は、「甘味」「酸味」「風味」がそろって、四つ星級に美味しいことからきているそうです。整った形をしていることや、断面が赤いなどの特徴があります。 ※苺はフードプロセッサーで下処理をしてから、仕込み釜に投入します。 ※ホップは「信州早生」と「かいこがね」のリーフホップを使用。少しずつ手でほぐしながら投入していきます。ビアスタイルは「フルーツウィートエール」。シンプルなベースに合わせて、苺も「よつぼし」のみに絞りました。苺の酸味と小麦麦芽の酸味の爽やかな風味をシンプルに、ホップの苦味は穏やかな味わいです。 ********************* 『ストロベリーウィートエール』 原材料:麦芽、ホップ、苺(東松山市産「よつぼし」)スタイル:フルーツウィートエールアルコール度数:5.0%*********************

さらに読み込む

【Dandelion Chocolate × COEDO】Been to Bar チョコレートファクトリーとクラフトブルワリーのコラボレーション第3弾。

  カカオ豆からチョコレートバーになるまでを一貫製造する「Bean to Bar」で知られる、アメリカ・サンフランシスコ発のチョコレートファクトリー『Dandelion Chocolate』とのコラボレーション第三弾。今回は、2018年に収穫されたドミニカ共和国産カカオ豆のカカオニブとチョコレートを使用しました。カカオ由来の芳醇な香味とチェリーを想わせるおだやかな酸味、そして加わるモルト由来の甘みが感じられる味わいです。   〇ダンデライオン・チョコレートとは〇 創業者トッド・マソニスらによって2010年に創設。2008年に共同運営していたWEB事業売却を機に、友人のガレージを借りてチョコレートを作り始めました。100年以上前からある本来の製造法に立ち返り、本物のチョコレートを再現しようと突き詰めた結果が、「Bean to Bar チョコレート」でした。ダンデライオン・チョコレートでは、使用するカカオ豆の生産者のもとをすべて訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスについて対話し、直接交渉を行ったうえで輸入しています。Bean to Barをムーブメントから文化として根付かせる事を目指しています。https://dandelionchocolate.jp 〇Bean to Barとは〇 アメリカのクラフトフードムーブメントの中で誕生した、素材や作り手のこだわりを重視するチョコレートの新しいカテゴリーです。豆(Bean)からバー(Bar)になるまで、すべての工程を1つの作業所で完結することを指します。現在、世界中 に500社近くもの Bean to Bar メーカーがあると言われており、日本でも2014年ごろから広がりを見せ、数多くのメーカーが新たに誕生しています。 Bean to Barブームによって様々な手法が展開される中、ダンデライオン・チョコレートの製品はカカオ本来の味を純粋に味わうために、シングルオリジンのカカオ豆とオーガニック のケインシュガーのみを使用し、つくられていることが特徴です。さらに豆の選別、焙煎、摩砕、テンパリング、成形、包装といった過程のすべてを手作業で行っています。 〇過去のコラボレーション〇 ・チョコレート・デュンケル(2019年発売)・チョコレート・ヴァイツェン(2020年発売) 今回のチョコレート・デュンケルでは、使用したカカオ豆をタンザニア産からドミニカ共和国産へと変更しています。  ...

さらに読み込む

【COEDO × Klean Kanteen】コラボレーションボトルができました。

Bコーポレーション*に認定されているKlean Kanteen(クリーンカンティーン)とのコラボレーションボトルを、COEDO ONLINE SHOPでも取り扱いを開始致します。 フェスやBBQ、キャンプシーンなど携帯用カップとして重宝するオリジナルタンブラー。Klean Kanteen独自のチップレジスタントのKlean Coatパウダー塗装技術により耐久性が強化され、Climate Lockのダブルウォール真空断熱構造で長時間の保冷ができます。 気軽に使い捨てプラスチックカップのごみを軽減でき、環境負担を軽減する最高品質のリユース可能タンブラーです。 *Bコーポレーション:環境や社会に配慮した事業活動を行っている企業に和えられるアメリカの民間認証 〇特徴〇・保温効力 60℃以上(3時間)/ 保冷効力 7℃以下(3時間)・Climate Lock™・チップレジスタントのKlean Coat™パウダーコーティング仕上げ(ブラッシュドステンレスはコーティングなし)・食品グレード18/8ステンレススチール・BPAフリー・飲み物の香りを残したり味を変えない素材・ほとんどのカップホルダーに収まるスリムなデザイン・全てのインスレート商品は手洗いをお勧めします 〇仕様〇部品:インスレートタンブラー16oz × 1個、リッド×1個容量:473mlサイズ:H250.2mm×W88.9mm注ぎ口口径:78mm漏れ防止機能:なし 〇参考〇クリーンカンティーンとのコラボレーション(日本語)https://www.kleankanteen.jp/pages/co-brand

さらに読み込む

「一陽来復-Ichiyo Raifuku-2021」を仕込みました。

今日12月21日は、一年でもっとも日照時間が短い「冬至」の日。日本では、寒く夜が長い日が続く厳しい冬をポジティブに乗り越えるために、保存性に優れかつ栄養価の高い南瓜を食べる慣習があります。 「陰が極まり、陽へと転ずる日」である冬至に、様々な期待を込めて、川越のブルワリーにて「一陽来復-Ichiyoraihuku-」の仕込みを行いました。 使用する南瓜は、北海道美瑛産の九重栗。㈱協同商事でカッティング~パッケージを行い、出荷している品目です。ビール原料として使用するのは、形やイタミによって市場へ出ない規格外品のみ。職人が手仕込みで皮むき、フードプロセッサーで前処理を行い、冬至の仕込みで投入しています。 ※写真:一番麦汁の移送 今日から発酵が始まり、1週間前後で熟成期間に入ります。長期熟成期間を経て仕上がるビールは、季節の変わり目である節分の日にリリースします。 一刻も早く、皆様と直に乾杯を交わす日が来ることを願っています。 ********************* 「一陽来復-Ichiyo Raifuku-2021」 原材料:麦芽、ホップ、南瓜、乳糖、シナモン、バニラビーンズビアスタイル:Imperial Kabocha Pie Milk Stoutアルコール度数:9.0%*********************

さらに読み込む

【sghr × COEDO】”The Beer Series”

1932年創業以来、手仕事によるガラス製造にこだわり、ガラスの特性を熟知した職人自らが、開発者であり、デザイナーとして日々ガラス製造に情熱を注いでいる”Sghrスガハラ”。これまでCOEDO定番6種類にあわせたオリジナルグラスの製作でコラボレーションさせていただきました。今年、菅原工芸硝子88周年の記念にデザインされた「Sghr 88th Anniversary Ale Glass」に合わせて、COEDOよりエールをおくるべくアニバーサリービール「玻璃-HARI-」(India Pale Ale with Shiro Koji)をご用意しました。 ▼Sghr × COEDO The Beer Series 「the beer」シリーズは、お互いの職人がモノづくりと技術への共感を持って実現したコラボレーションにより生まれました。COEDOの6種類のビールそれぞれに合うグラスとしてデザインされています。 ※以下写真左側から順・Sghr × COEDO The Beer Series "haku ハク for 白-Shiro-"・Sghr × COEDO...

さらに読み込む

【HORIGUCHI × COEDO】『織香-Worka-』

コラボレーションがスタートした2018 年当初より、「これまでのイメージを覆すような、コーヒーの多様性を感じられるコーヒービールづくり」をコンセプトに、両社の職人(ブルワーとロースター)がクラフトマンシップを発揮し合い、ベースビールとコーヒー豆の選定を行っています。 今年は、昨年までの「澄虎 -Sumatera-」とは別の味わいにしようと、改めてお互いの製造現場で互いのものづくりを深く理解することから始め、一からコーヒー豆やビールスタイルを選び直しました。今回はエチオピア「ウォルカ・ハロハディ」シティローストの豆を焙煎して供給。それをコエドブルワリーで醸造した「アルト」スタイルのビールに漬け込みました。完成したコーヒービールは従来の黒ビールをベースとしたコーヒーポーターやコーヒースタウトの味わいとは明確に異なります。 「織香 -Worka-」という名のとおり、ベースビールの「アルト」の中にコーヒーの華やかな香りと果実のような風味が織り重なる、繊細かつ重層的な味わいに仕上がりました。秋から冬にかけて季節が少しずつ移りゆく中で、じっくり味わいながらお楽しみいただけるビールです。 ▼ビアスタイルのアルトとは ビールとしての飲みごたえとコーヒーとの調和をより重視してドイツの伝統的なスタイルである「アルト」を選びました。麦芽(モルト)は定番のピルスナーモルトにミュンヘンモルトとカラメルモルトを加え、すっきりとした飲み口の中に甘みとコクをプラスし、コーヒーとの親和性を高めました。さらには、ホップの量、投入タイミングを調整してホップ由来の香りや苦味を控えめにすることにより、コーヒー由来の華やかな香りと果実感を楽しむことができるよう工夫が凝らされています。 ▼コーヒー豆・エチオピア「ウォルカ・ハロハディ」シティローストとは 今回のビール名『織香 -Worka- 』もこれにちなんでいます。数あるコーヒーの中から、ビールと調和しつつも特徴的な香味を有することを条件に絞り込みました。エチオピアの西南部にあるイルガチェフェからさらに南東に下ったところにある「ウォルカ」エリア。その中にある「ウォルカ ウォッシングステーション(加工場)」にはいくつかの近隣集落からコーヒーチェリーが持ち込まれます。その中でも特に高品質なコーヒーが育つ環境にあるハロハディ集落のコーヒー「ウォルカ・ハロハディ」に決定しました。シティローストのコクと甘みの中に、華やかな香りと果実感のある余韻がいつまでも続きます。昨年、実際にハロハディ集落を訪れた堀口珈琲の生豆バイヤーも太鼓判を押す、素晴らしい品質のコーヒーです。 ▼堀口珈琲とのコラボレーションのあゆみ ▷澄虎 -Sumatora- 2018 ベースビール:マイボックスタイル コーヒー豆:インドネシア「LCFマンデリン」シティロースト ベースビールはアルコール度数が高く、重厚な味わいが特徴のボックスタイルの中でもロースト麦芽を少量使用した「マイボックスタイル」を選定。使用したコーヒー豆は、本来深煎りで楽しむマンデリンを通常よりやや浅く焙煎し、軽快かつフレッシュな特徴を前面に表現しました。浅煎り焙煎豆を思わせる茶褐色、コーヒーの香ばしさと相性のよいトースト香を持つミディアムボディに仕上げました。 ▷澄虎 -Sumatora- 2019 ベースビール:ラガースタイル コーヒー豆:インドネシア「LCFマンデリン」シティロースト 2018年度同様の豆を使用し、ベースビールをすっきりとした味わいとキレのある苦味が特徴のラガースタイルに変更。折り重なる複雑な風味とハーブの様な爽やかな香りが特徴的なビールに仕上がりました。2019 年 11 月、ドイツで開催された欧州最大のビアコンペディション、<European Beer Star Award>の Herb &...

さらに読み込む

カート

売り切れ

あなたのカートは空です。